from electron 2 web

インターネットのリソースを無駄遣いして検索におけるUXを下げてごめんなさい

圧倒的文章力のNASAでゴミみたいなチラ裏のようなメモを量産してしまい全ての"Web開発者"にごめんなさい

travisCIでtwitterにwebhookする

dataflow

push->github-(webhook@github)>travisCI-(curl)>IFTTT->twitterって感じ

暗号化

いや別に生のkeyそのまま送ってもいいんだけどさ(悪用されてもtweetされるぐらいだし)

でも安全な方法として環境変数をtravisCI側で定義しといてymlで埋め込む感じが楽。

一応ssl使った暗号化する方法もある

動かない

notification:
  webhooks:
    urls:
      - https://maker.ifttt.com/trigger/travisCI/with/key/$secure_key

しかたがないのでcurl打って対処した。目的を達成するためには別のやり方を使うのもありだよね

after_success:
   "curl -X POST https://maker.ifttt.com/triger/travisCI/with/key/$secure_key"

IFTTT

一時期webhookが使えて話題になってたよね。

PS

そういえば何回も同じツイート内容で叩くと同じツイートは送信できませんってエラー吐く

notificationのsが無いのでエラーが出てたっぽい。

んで生keyのは成功したんだけど環境変数の展開が出来ない。

括弧で囲んでcurlに展開するのはできたんだけどなあ