from electron 2 web

インターネットのリソースを無駄遣いして検索におけるUXを下げてごめんなさい

圧倒的文章力のNASAでゴミみたいなチラ裏のようなメモを量産してしまい全ての"Web開発者"にごめんなさい

「Popup ALT AttributeアドオンにおけるXUL/XPCOMからWebExtensionsへの移行」を翻訳した(感想と英語)

本文と原文

lv7777.hatenablog.com

はてなブログは途中から見たまま記法に変更することができないので記事を分ける。

総量もそこそこ多いしな。


  • 投稿時文字数

7476

  • 総合文字数

11339

he developer of Popup ALT Attribute, in addition to 40 other add-ons

「Popup ALT Attribute,を代表として」としようと思ったが、別にここでこのアドオンを使って記事を書いてるだけで代表ではないと思ったのでやめた。(個人的にはTSTかなやっぱ。)


I realized that only some add-ons can be migrated with currently available APIs, and Popup ALT Attribute is one such add-on.

ここは最初日本語だと逆のほうが自然だなと思って「私は現在使用可能なAPIではいくつかのアドオンだけしか移行できないことに気づきました。」としたけど後の分と続いているため戻した。

私はいくつかのアドオンは現在使用可能なAPIだけで移行できることに気づきました。ALT Attributeもその一つです。


Here is the story of how I migrated it.

これは私がどのようにWebExtensionに移行させたのかを綴った物語です。

これすき


In February 2016, I migrated it to be e10s-compatible. It is worth noting that depending on your add-on, if you can migrate it directly to WebExtensions, it will be e10s-compatible by default.

worth notingをworth nothing に空目してて時間がかかった。辛い。あとdepending onのdependingも依存という意味でとらえてしまったのも辛みポイントだった。


general methods to control secret preferences across add-ons.

一般的な方法はアドオン全体にわたる秘密のプレファレンスで制御することです。


Scripts listed in the same section share a namespace for the section.

ここのセクションってのがよくわからんかった。スコープとかブロックって意味だと推定してるんだが。

この場合俺の技術力というかwebextensionの書いた経験の少なさが原因か。


and wrote a script requiring a library after the library itself, in each list.

普段俺は翻訳するとき読みながら同時に翻訳していくスタイルなんだけどここのstatementはスラッシュリーディングがかなり役に立った。

ていうか理解するのがむずかった

and wrote a script requiring a library は scriptの後ろにthatを入れるとよさそう。


touchedには気がふれてとか感動してという意味もある。

constant 定数


Some constant properties accessed, like Ci.nsIDOMNode.ELEMENT_NODE, had to be replaced as Node.ELEMENT_NODE.

Ci.nsIDOMNode.ELEMENT_NODEのように、いくつかの定数のプロパティにアクセスされるXPCOMコンポーネントをNode.ELEMENT_NODEのような形に置き換えました

XPCOMを知ったからできた翻訳だよね


On the other hand:一方

直感でわかるタイプの熟語


時間的に

4日ぐらいかかったかも。

やっぱそうだった。

でも一日中やってたわけじゃないので総合すると10時間ぐらい?

超絶引っかかるとこはなかったからまあ人並みだと思いたい・・・

次の目標

次は翻訳メモリを使って翻訳したい。

あと翻訳技術系の本を読み漁ってから翻訳したい。

その前に環境構築だな。