from electron 2 web

インターネットのリソースを無駄遣いして検索におけるUXを下げてごめんなさい

圧倒的文章力のNASAでゴミみたいなチラ裏のようなメモを量産してしまい全ての"Web開発者"にごめんなさい

Windows 10 上級リファレンスを買った&読んだ

http://www.amazon.co.jp/dp/4798142220

(情弱なのでアフィはでき)ないです。

ちなみに初めてはてなブログにメールで送ってみる。崩れるかも!?

この本について

本屋でwin10関係の上級者向け(ここでいう上級者とは絵でわかるwin10とかと相対的に見て上級)の本ないかなと立ち読みしてたらめっちゃいい本を見つけたので立ち読みしてたんだけど相当いい&安い&発売時期がが新しいので新書で買ってみた。

なかなか良かった。win10使いぜひ買うべし。

この本は小ネタ形式でいろんなtipsが載ってるんだけど全部使える。あと詳しい。syswow64とかも載ってる。

その中で特によかった小ネタを紹介していきたいと思う。

network profile

MCPでもnetwork profileあったよな・・・

ダンスタンバイ

スリープ中に特定のアプリを実行する方法

powercfg /aで実行できる

従来はconnected standbyと呼ばれるパワーマネジメント機能だった

powercfg /aの値がs0に設定されていたらモダンスタンバイが使用できる。(うちのノートPCは/s3だったのでできない・・・

タスクマ

win+x->tで起動。もしくはwin7等になれてるならctrl+alt+delとかね。

知っていると思うがwin10のタスクマネージャーはだいぶ強化された。最高かよ。

PS:タスクバーの空いてるとこ右クリックもありだな、早い。

  • 検索

    偶然検索してるときにタスクマネージャー見てたらioが100%になってた。やっぱio使うんだな。これからは自重しよう。。。

  • 詳細

    詳細でもプロセスタブよりは詳しいんだがデフォルトの状態だと全然使えない。

    詳細タブを開いて名前とかpidとかの列名を右クリックー>列の選択を選ぶ。そうするとめっちゃオプションが出てくるので自由に選ぶ。

    俺のお勧めはコマンドライン管理者特権

コマンドラインはそいつがどこにいるかを例えばアイコン右クリックでファイルの場所を開くからエクスプローラ開いて詳細クリックしてコピペしたりということがなくなる。あと俺の場合firefoxをだいぶいじるのでよく現在どんなオプションで起動してるかとかがわかんなくて踏む必要のない手順を踏んだりすることがある。バグ報告とかの時に変なオプションつかうこともあるしな。

そういうのが一発でわかるのはいい。

管理者特権はvimが管理者特権なくて死ぬ。みたいなことが多々あるので。あと変なプログラムに管理者特権渡さないようにしたい。

  • コピー

    パフォーマンスタブで横のグラフをコピーするとデータをコピーできる。csvなのでエクセルに張り付けるときも楽。(まあ俺excel使わないけど・・・

他にもタスクマネージャーいろんなとこ右クリックすると結構便利なオプションが出てくるのでチューニングにいいぞ(使えるとは言ってない

64bitについて

問題です!64bitOSで32bitプログラムと64bitプログラムを動かすときのどっちが早いでしょうか!?

実はですね・・・32bitのほうが早いそうです!!!意外だ。ということですので積極的に32bit使っていきたいと思う。 普通64bitosで32bit動かすときはOSの上で32bit用のシミュレータとかレイヤーを作るので遅くなるはずだけどここはwindowは優秀でsyswow64を使うので早い。

C\Documents and settingsについて

C\userのエイリアスシンボリックリンクによるジャンクションアクセスのなごりだってさ。 これもまた例によってコンパネのエクスプローラーのオプションから見れる。 表示タブの保護されたファイルやフォルダーを表示しない(推奨)のチェックを外す。

win10とマルチbyte文字列

いろいろあるけどマルチbyte文字列でwin10が逝くバカ仕様(引用)はwin7から健在である。

ユーザー管理フォルダー(アカウント名)をマルチbyte文字にすると特に深刻なトラブルが起こる。ので普段からフォルダー名は1bite char(english only)にするように心掛ける必要がある。

prefetch機能

アプリ高速起動技術の一つ。ディスクアクセスを監視したうえであらかじめよく起動するアプリを登録。そのプログラムをあらかじめメモリに読み込ませておく。また、HDDの外側に読み込ませておくことで読み込みを早くさせる(B)。

Bを行うときwindows10はディスクデフラグツールを使う。

しかしこのプリフェッチ機能も現代のハードウェア環境ではあまり意味をなさない。(なぜならSSDとかあるし。memoryもはやいし。

このprefetch機能が有効かどうかはC:\Windows\Prefetchを確認するといい。ここにファイルがあったらそれが今まで読み込まれたプログラムの記録。

windows superfetch

いつ何時にアプリを読み込んだかをwindowsが把握してそれが読み込まれる時間帯になると自動的にアプリを読み込んで高速化する技術。これ自体は高度だけどほんとにいるかと言えば疑問(理由は上に書かれているとおり。

readyboost

なかなかアホ臭くて笑える機能。

hddはランダムアクセスだから読み込みは遅い。 それに対してusbメモリはなんかメモリだから(この辺sramとかdramとかググって)早い。

だからよく利用するファイルはusbに読み込ませておいてそっから起動する。

SSDだったらまったく意味がないし別にHDDでも特に意味がない。usbポートを酷使するし大量にキャッシュが発生するため。

ready boostはプログラムをキャッシュする。

windows検索とインデックス

windowsにおいてインデックスはwindowsのパフォーマンスにとても大きな影響を与える。

パフォーマンスチューニングするときはまずここから始めるのがいいだろう。

検索するときindexが保存できるのは知ってるよね?アレの機能の名前はwindows serchのindex。GPOから削除とかいろいろできる。

control->インデックスのオプションで設定できる。インデックスのオプションの詳細設定ー>ファイルの種類でインデックスを作るファイルの種類を変えておくといいかもしれない。

windowsのインデックスはgrep!?

まあうすうす気づいてたけど。

cortanaでやるとファイルの中身まで検索して表示される。

ただの検索だとそんなことやらない。

ctrl+r

ファイル名を指定して実行

自分が使ってないやつで便利そうだなと思ったやつを上げていく

snippingtool,cleanmgr,eventvwr,msinfo32,perfmon,charmap,psr,mstsc等々。

積極的に使っていきたい。(前使おうとしたんだけどこの辺のコマンドは結局使用頻度が低くて忘れてしまってる。

橋情ランチャー

ディレクトリを作ってそれにpathを張って任意のショートカットを作りまくってそこにパスを通せばいろんなとこにパスを通さなくてもリンクたどってくれるので便利。ここまで使いこなせるようになりたいなあ。

shell:コマンド

shell:startup,shell:sendtoなどがある。この辺も使いこなせるようになりたい。。。

system file(.ZFSendToTarget)なるものがあった

shell:startupの内容はタスクマからも設定できる。

services

tempフォルダー

temp folderにはsystem tempとuser tempの2つがある。

systemtempはwindow\temp、usertempはuser\[]\Appdata\local\temp

しっかり覚えておくように。

windows とマルチメディア

windowsは一般向けユーザーだ。ということでマルチメディア処理にはパワーを割く。

ただしそれはサウンド処理にも適用されwindowsのSEにも効果が発揮される。

ということなのでSEを出すときにいちいちwindowsが気合を入れるので切ったほうがいい。

mmsys.cplでいける。

エクスプローラ

エクスプローラはパフォーマンスの観点というより自分たちがいつも使うじゃん。ファイル操作は普通に使ってても発生するしビジネスなんかだと特に多いはず。もちろんプログラマでもめちゃくちゃ操作するよ。

パソコンを使ってる99割の人はブラウザの次にエクスプローラー開いてる時間が多いんじゃないだろうか。 (私はGUI派なのでcpやmovでファイル移動は馬鹿らしいと考えている) ということなのでこいつをチューニングするのは大事。

まあその方法はこの本に書いてあるので買って読んでくれればいいと思う。(ステマ)

何が一番言いたいかっていうとデスクトップもあれエクスプローラーなんですよ!!!!

いま「は?」って思ったでしょう?俺も思った。windowsユーザーならわかると思うんだけどdesktopってフォルダーあるじゃん?

右下を押すと開かれるデスクトップはあの中の中身を表示してさらにその下のレイヤーに画像を載せてるだけだから。

で内部的には同じexplorer.exeで動いている。

なのでfilerのほうのexplorer.exeが落ちるとデスクトップやツールバーも巻き込まれて落ちる。

俺が使っているwindow環境だとこれが結構な頻度で起きる。特にhyper-vネットワークアダプタをリセットすると確実に起きる。

windowsDEPを完全に無効にする

システムの詳細設定からパフォーマンスを選ぶ。ここの設定もパフォーマンスチューニングに役立つ。見ておくこと。

eventvwr

イベントビューワーで見れるログの中にpowershellがある。

なんかengine stateがavibleからstoppedになりましたとか書いてあった。

内臓ストレージの拡張キャッシュ有効か

普段windows10は書き込みキャッシュが有効になっているが電源の低下などの不測の事態でバグることを阻止するために「アグレッシブな書き込みキャッシュ」は無効化されているらしい・・・

書き込みキャッシュってどこの書き込みのキャッシュなんだ。。。

このアグレッシブな書き込みキャッシュを有効化するにはデバイスマネージャーを開いて任意のディスクを選択してそこのポリシータブで変更する。

また、このとき自分が使ってないデバイス「例えばこの学校から支給されたPCには生体認証とか謎機能がついてるけど自分つかってない」ときは右クリックで無効にしておくと無駄なリソースを割かれない。

memo

chapter 3までよんだ。

スクショ

win+prnt screen。また種類が増えた。

firefox dev toolbar(firefox画面全体キャプチャ).firefox dev tools(要素ごとなど).snappingtools(任意のもの).最後にこいつ。

まあ使い分けれると強いよね。

番外編

userとユーザー

これはdesktop.iniのlocalizedFileNamesというのが関係あるっぽい。

desktop.ini

フォルダのアイコンを覚えたりしている。フォルダのアイコンをカスタマイズすると自動生成される。消してもおk。

ankyo.blog.so-net.ne.jp

news.mynavi.jp

エイリアスうざかったので全部消した。

windowsのユーザー名、プロファイル名、アカウント名

3つある。

質問したqiita

teratail.com

証拠

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_vista-security/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%97/06781250-225d-e011-8dfc-68b599b31bf5

ほかにもプロファイル名、アカウント名、ユーザー名でググればいろいろ出てくる

TBD