from electron 2 web

インターネットのリソースを無駄遣いして検索におけるUXを下げてごめんなさい

圧倒的文章力のNASAでゴミみたいなチラ裏のようなメモを量産してしまい全ての"Web開発者"にごめんなさい

RTX1100とコンソールケーブルの話

RTX1100を3か月ぐらい前に中古で買ったわけ。

でね。放置してて先月ぐらいからやろうと思ってたんだけどコンソールケーブルがなくて学校に探しに行ったりネットでコンソールケーブルなしでイーサから入る方法でずっとやっててなぜかできなかったんだけどpcのほうのイーサが死んでた。マジでこのせいでずっと繰り返してた・・・死にたい。1か月ぐらいずっとやってた。

まあ過ぎたことはいいや。

ルーターにログインするまで

まず初期化。initボタンを押しながら電源を入れる。5回ぐらい繰り返したほうがいいらしい。

次につなぐ。lan1で。

んでつないだところからping ff02::2

wiresharkでicmp relpy見てそこのリンクローカルにtelnet(sshは使えない。)

初期設定

password:って出るから何も打たずにenter。

そしたらなんかバナー的なのが出てきてtelnetっぽい感じで端末に入れる。

administratorコマンドで管理者モードにsuできる。

ユーザーモードの記号が>で管理者モードの記号が#とかかなりlinuxっぽいし、ciscoっぽくて感動するよね。

やっぱずっとrtx触ってみたかったし初めて触ったのでなんかめっちゃ感動する。

  • ifの設定

ip lanXXXでいける。

suでインターフェースを見てみた。

lan1,lan2,lan3とかの基本があってlan1.1,lan1.2とかあった。ええ・・・どこのvlanだよ・・・

RTX1100のlan ifなんですが、lan1のポートが4つ分ある。

んでlan1.1とかのほかにlan1/1,lan1/2,lan1/3とかあった。あとlan2/1~2/8,3/1~3/8まであった。

多いな・・・しかも用途が謎

lan1 address

  • dhcpサーバーを稼働させる。

dhcp service serverでいけるっぽい。

dhcp service relayでリレーエージェントにもできる。

  • スコープを追加する

dhcp scopeでいける。

スコープはdhcpプールみたいなやつっぽい。初めて聞いた

そういえばコマンドがわからなくなったときは?って打つといろいろ出てくるのは今まで触ってきたすべてのルーターに共通なんだけどこいつはある程度まで打つと説明が出る。

例えばipって打つとipのサブコマンド(lan,XXX,XXX)みたいなのが出てきてサブコマンドまで打ち終わってから?を押すと日本語で説明が出る。丁寧。良い。

dns serverで設定する。この後にグローバルip(e.g. 8.8.8.8)等を指定すればそこにdnsを聞きにいくっぽい。

んでdns server ppって続けると今度はpppoeでもらってきたdnsに聞きに行くコマンドになる。

routerboardのuse peer dnsだな。

  • dns private address spoof on

プライベートアドレスにdns使うかどうか。正直いらない?

  • デフォゲの設定

  • ip route

ルーティングを指定できる。e.g. ip route 115.514.810.1919 gateway "送信するifの先につながってるルータのip"

デフォゲを指定するときはip route default gateway (ifやらipやら)でいける。

  • ppの設定

先ほどからppって出てきてたけどispっぽい感じやつらしい。ppは1から30ぐらいまであってそれぞれ保存しておける。

通信業者を変えたらpp selectで変えればおk。

まあ先に設定しておかんといかんけど。

pppoe use lanXでpppoe先がどこのifでつながってるかを指定。

pp authで通信プロトコルの設定をしたり認証のためのユーザー名とかを設定できる。

pp auth accept pap chap,pp auth myname XXXX@iij.co.jp PASSWORD

ppp ipcp ipaddress はlcpの後にipcpをするか的なやつっぽい。routerboardのログとか見てるとやってたしこいつにも設定しておく。

あとppp lcp mruでmruの設定とip pp mtuでmtuの設定もしておく。

終わったらpp select noneで通常モードに戻れるっぽい。

つながらない(トラブルシューティング

う~ん上の設定を一通りやってみたけどやっぱつながらない。。。つながりそうなんだけどなあ。。

logを見るときはshow logでいける。そのときsyslog debug onをつけとくと吉。

ppの状態を見たいときはshow status pp 1でいける。かなり便利。

natの設定を見るときはshow nat descriptor addressで見れる。

自分の場合はここだった。有効なnat descriptorがありません的なことが書いてあった。

俺が参照したサイトには書いてなかったがnatマスカレードとかタイプの指定がいるっぽい。

まあ市販の糞ブロードバンドルーターとは違うしあたりまえちゃあたりまえか。

こいつを設定したらいけた。

ntpの設定

logの時間がずれててうざい(こなみ

schedule atコマンドでcronできる。

まあいい感じにできたし満足。

それにしても無線がないとくっそ不便ですね・・・

webguiについて

rbのwebfig的な感じでwebuiが扱える。ショボい。

rtx1100の機能について

そういえばまだちゃんとRTXがどこまでできるのか調べてないな。

vlanできるらしい。やるじゃん。

vrrpも効く。いいね。

rip,ospf,bgpもいける。良い。

L2TPとかもおk。知ってた

ネットボランチDNSとかいうDDNSサービスをヤマハがやってるらしい。へえ

Luaも使えるのか・・・(困惑

あとRBみたいにファイルディレクトリがあるっぽい

多重ファームウェアもできる。(rbのパーティション

ルーターボードを無線AP化

なんか知らないけど知らん間にいつの間にかつながるようになってた。謎・

とりあえずyamahaのほう(親機)は触らなくていいっぽい。