from electron 2 web

インターネットのリソースを無駄遣いして検索におけるUXを下げてごめんなさい

圧倒的文章力のNASAでゴミみたいなチラ裏のようなメモを量産してしまい全ての"Web開発者"にごめんなさい

ruby入門

明日のRoRに向けてすこし勉強してみる。

rubypythonぽいってことは知ってる

実行

ruby XXX

言語仕様

改行でセミコロンがいらない。 最高じゃん(最近php触ってたのでほぼ必ずセミコロンいるので最高になっている

コメント

#でできたり=beginでできたりする。

日本語も表示できる国産言語

$kecodeグローバル変数というのがあって、あります。

日本語関連で死ぬときはruby -Ks XXXX.rbでおk

 「$KCODE」の値は指定したShift_JISに設定されていますが日本語の出力は文字化けしています。

これはプログラムの中に直接記述された日本語はプログラムの実行前に解釈されているためです。コマンドラインオプションで指定しなければ文字コードはデフォルトの「NONE」ですので文字化けしてしまいます。 

cppのコンストペリアっぽい。 まあrubyでオプション設定にしたほうが安牌だな。

Rubyオブジェクト指向言語ですので、文字列もオブジェクトの1つになります。

.class()でtypeofっぽいことできる。

%q,%Qでアレができる。oracle sqlであったやつ。javaでもあった気がするな?

。Stringクラスで用意されている「*」メソッドを使います。

文字列 * 回数

演算子オーバーロードマンかな?

rubyのstringオブジェクト、cppのiostreamみたいだな。

int

整数クラスにはいろいろある。

floatとかfixnumとか。

変数

強い型付けではないので再代入おk

repl

irb...インタラクティブruby

irbは起動時に.irbrcを読み込む

関数で複数の値を返すと・・・?

def add_sub(a,b)

return a+b , a-b

end

なお、Rubyでは関数の中で最後に評価された式の値が返り値になるので、returnを書かずに、単に式を書いておくだけで返り値が指定できるのだが、ここではreturnを書く必要がある(return y,xの代わりに[y, x]とだけ書き、配列として返り値を指定する方法もある)

最高↓

他言語からのRuby入門

ri

pydoc。ドキュメントがよめるらしいがwindows上で動かない。。。

rdoc

[Ruby Memo] riとrdocでリファレンスを作る : J-Linuxer

fizzbuzzかく

最後にfizzbuzzかいておわるか。 そもそもfizzbuzzどんなんだっけ

で割り切れる場合は「Fizz」(Bizz Buzzの場合は「Bizz」)、5で割り切れる場合は「Buzz」、両者で割り切れる場合(すなわち15で割り切れる場合)は「Fizz Buzz」

なるほ

そもそもfor書けないw範囲オブジェクト、pythonのrenge,bashの(sec in)みたいだな。

まあこっちのほうがすっきりしててすき

でけた。なんかif !()という書き方だとちゃんとできんかった

 test.rb  over.rb  fizzbuzz.rb
for a in 1..100 do
        print(a , " is")
        if (a % 3) == 0 then
                print(" fizz ")
        end

        if (a % 5) == 0 then
                print("buzz")
        end

        print("\n")
end

ええ・・・

 test.rb  over.rb  fizzbuzz.rb
for a in 1..100 do
        print("a%5 is ",!(a%5) )

end

ってしたら全部falseになった。0に!つけてもfalseになる。

範囲オブジェクトでちょっと好きになりかけたけどまだまだ好きになるのは遠そう・・・