from electron 2 web

インターネットのリソースを無駄遣いして検索におけるUXを下げてごめんなさい

圧倒的文章力のNASAでゴミみたいなチラ裏のようなメモを量産してしまい全ての"Web開発者"にごめんなさい

omegaTで死んだと思ったら生き返った

tips

  • gitでリビジョンの変更内容からコミット単位で検索する。

git grep regexpgit rev-list --allを組み合わせる。

git rev-list --all | git grep regexpをパイプでつなぐ。しかしこの方法だとどのリビジョンで引っかかったのかが特定できなかった・・・

linuxだとできるんだけどwindowsだと展開ができないのでできず、つらい。

  • omegaTによるコミットの同期

間隔を変更できる。

  • omegaTによるチーム同期

リモートリポジトリがmasterとなってローカルリポジトリの内容は消える。

これを絶対覚えておいて。これで何回も死んでるから俺。ローカルとリモートの優先順位を変更する設定とかないのかホント・・・

回避方法としてはwifi環境がない場所で作業をした場合は/.git/configあたりを開いてリモートのアップstreamの記述を消す、.tmpとかのコピーを取っておくのがある。注意する点は次にomegaTを開いた時点で勝手に同期してしまうのでその前に確実にバックアップを取っておくこと。


嬉しさからかあんま意味のない記事を作ってしまった・・・まあ多少はね?

conclusion

omegaTさん消えた当時なんかいろいろ悪口いってゴメンね・・・